少人数WEB会議で絶対使ってみて欲しいマイクスピーカー

Blog Details

少人数WEB会議で絶対使ってみて欲しいマイクスピーカー

blog

published : 2020/7/26

ZoomやSkypeでのウェブ会議の機会が増えています。イヤホンで長時間の会議は疲れちゃいますよね。そんなあなたに。この記事では、少人数向けのWEB会議用マイクスピーカーを選ぶ観点と一番おすすめの商品&その理由についてご紹介します。


少人数WEB会議で絶対使ってみて欲しいマイクスピーカー

blog Detail

こんにちは、work and placeです。

ここ数年、政府主導による働き方改革の影響もあり、働き方の常識そのものが変化してきています。以前なら考えられなかった副業を認める企業が増えましたし、フリーランスやギグワーカーの人口も明らかに増加しています。更に2020年新型コロナウィルスの世界的な流行の影響でテレワークやリモートワークが当たり前の時代になってきました。今までの会社員・経営者・フリーランスといった働く人達の境界線が曖昧になっている時代と言えるかもしれません。

work and placeには私達を含め沢山のそして多様な「働く人達」が集まっています。 このブログでは「働く」や「仕事」を大きなテーマとして少しでも役に立つような情報を発信していきたいと思います。

第一回目のテーマはWEB会議を快適にする周辺機器についてです。オフィスワークからテレワークへ移行していく中、ZoomやSkype等でWEB会議が日々開催されています。自宅・サテライトオフィス・コワーキングスペースや貸会議室から等、様々な場所から参加する機会があると思います。

WEB会議に便利な周辺機器

基本的にはインターネット環境があり、カメラ・マイク内蔵のパソコンやタブレット端末もしくはスマートフォン、そしてソフトウエアがあれば誰でも簡単に参加する事ができます。ですが、周辺機器等の環境を整える事でより対面に近いクオリティで会議を進める事が可能となります。

第一に優先すべきは音声です。パソコンなどのデバイスに内蔵されたマイクやスピーカーのみでも対応できない事はありません。しかし内蔵されているマイクは無指向性と呼ばれるタイプが多く、自分の声以外の周りの音声を幅広く拾ってしまいがちです。WEB会議において音声が聞き取り辛い、雑音が多く入るというのは参加者のストレスとなり、円滑な進行の妨げとなりかねません。静かな環境であれば問題ありませんが、家族のいる自宅や騒がしい環境からの参加であれば対策が必要となります。

Photo by Petr Macháček on Unsplash

一人参加であればヘッドセットやマイク付きイヤホンの利用される方も多いかもしれません。相手も自分も音声を聞き取りやすくなり会議に集中しやすいからです。また、ヘッドセット等の装着が煩わしい場合や同じ場所から複数人数での参加の場合はその人数に応じたマイクスピーカーが便利です。ちなみに私は絶対的にマイクスピーカー派です!周囲が静かである事前提ではありますが。正直ヘッドセットを付けるより断然楽ですし音声に関してもとにかくストレスフリーです。

会議のタイプによってニーズは様々ですし優先順位も個々で異なると思います。ここでは「クリアな音声」を基本とした選び方のポイントを3つお伝えします。

1 - ノイズ・エコーキャンセル機能の有無

WEB会議では通常の会議以上にちょっとした雑音が邪魔になります。ノイズキャンセル機能は会議で良くあるタイピング音やクリック音も防いでくれます。 また、マイクがスピーカーの音を拾ってしまい声が二重に聞こえる事やハウリングを起こす事を防いでくれるのがエコーキャンセル機能です。 特に複数人でのWEB会議においてはマストな機能と言えます。

2 - 有線か無線か

有線(主にUSB接続)はデバイスとの接続が簡単でラグが発生しにくいです。比較的音声がクリアですがデバイスと離しての使用はできません。 無線(主にBluetooth)はデバイスとスピーカーを離して使える事がメリットです。ケーブルが無く見た目もコンパクトですが音声のラグが生じる場合があります。 これはどちらが良いと言うよりは参加されるWEB会議の傾向や優先順位で選ぶべきですが、クリアな音声最優先という事であれば有線タイプがおススメです。

3 - 集音範囲

会議で想定される人数に応じたものを選びましょう。大は小を兼ねるというものでもなく、適切な集音範囲である事が大切です。連結する事で集音範囲を広げる事ができるタイプもあります。

数多くの製品の中から一つを選ぶのは難しいですが、まずは上記の3点をポイントにして選んでみてください。想定される会議によって優先順位は異なりますし、製品の価格帯にもかなり幅があります。まずは必要とする機能を整理してみる事でベストな製品を選びやすくなると思います。


最後に私が少人数でのマイクスピーカーはこれだ!というものを一つご紹介しておきます。

YAMAHA YVC-200

  • 希望小売価格: 30,000円(税抜)
  • 集音範囲:1~4名程度
  • スーパーワイドバンド対応のエコーキャンセラー・ノイズリダクション
  • USBとBluetoothの2つのインターフェースを搭載

YAMAHA YVC-200

価格は決してお安くないですが、間違いなくそれだけの価値はあると思います。 こちらの製品はヤマハ独自の音声信号処理が加わる事で明瞭度の高い音声を届けてくれます。コンパクトで持ち歩きもしやすいので在宅時だけではなく外出先・出張先などでもご自身のスタイルにフィットした使用方法が可能です。また、イヤホンジャック搭載で機密性の高い内容であっても対応可能です。最大10時間の連続通話が可能な充電式バッテリーも便利です。

ヘッドセット派という方は身に着けるものでもありますので、搭載機能とは別に着けやすさ等好みの使用感も併せて判断材料にしてみてください。(ヘッドフォン・ネックバンド・両耳・片耳タイプ等)こちらもまたいつか別記事でご紹介しますね。

クリアな音声を確保する事で円滑なコミュニケーションが可能になれば、WEB会議の質が上がる事にも繋がります。会議は内容こそが大切で特に音声に拘らないという方でも、実際試されると聞き取りやすさや快適さに驚くと思います。音声の聞き取りにくさや雑音が気になってWEB会議に集中できない方は是非導入を検討してみてください。

work and place, online showroom
  • 更新:2021/1/19

    フレンチ薬膳サロン芦屋 Limei(リメイ) Food&Arts 玉置里美の写真

    フレンチ薬膳サロン芦屋 Limei(リメイ) Food&Arts 玉置里美

    Limei Food&Arts主宰玉置里美  2013年より苦楽園自宅サロンにておもてなしお料理教室主宰。2016年より国際中医薬膳師 坂井美穂先生に師事。その後、フレンチ薬膳シーズンアドバイザーとし…

  • 更新:2021/1/14

    musubi+ (むすびぷらす)erikoの写真

    musubi+ (むすびぷらす)eriko

    水引・編み物サロンmusubi+(むすびぷらす)主宰小林恵里子/編み物・水引き作りレッスン、ECサイトでの商品販売。小さい頃から学んできた"編み物"の技術と知識を活かし、2018年よりECサイトにて…

  • 更新:2020/12/24

    旬食材のまなび塾 みやびこーる(miyabi・corps) 荒川雅子の写真

    旬食材のまなび塾 みやびこーる(miyabi・corps) 荒川雅子

    miyabi・corps(みやびこーる)主催荒川雅子/日本野菜ソムリエ協会」野菜ソムリエプロ・「日本四季大学」 四季薬膳認定講師。旬を感じる食生活を専門領域とし、座学&お料理教室、オンライン講座の開催…