JR西日本が実証実験開始!新サービス「ジブンロッカー」とは?

Blog Details

JR西日本が実証実験開始!新サービス「ジブンロッカー」とは?

blog

published : 2021/1/10

JR西日本が実証実験を始めた「ジブンロッカー」のご紹介です。30日単位で契約可能なサブスクロッカーの便利な機能についてや、使い方の事例をご紹介します。


JR西日本が実証実験開始!新サービス「ジブンロッカー」とは?

blog Detail

 こんにちは、work and placeです。

今日はJR西日本が2020年12月から実証実験を始めた、新しいサービスをご紹介したいと思います。その新しいサービスとは日本初のQRコード型サブスクロッカー「ジブンロッカーです。スマホアプリで申込や支払いが可能で、30日単位で使用できるサブスクロッカーのサービスです。スマホ管理の暗証番号を共有する事で、複数名で利用できるという点が特徴的です。 

「 ジブンロッカー」は JR 西日本が社内で実施している事業アイデア公募制度で、2019 年度に最優秀賞 を受賞した社員のアイデアを実現したものなんだそうです。社員の「あったらいいな」が、こうしてきちんと形になるのは素晴らしい事だと思います。

1扉あたりのサイズは247×435×560mm(縦×横×奥行)、耐荷重は10kgとの事です。標準的なコインロッカーのサイズに近いですね。新型コロナウイル ス感染症対策として、ロッカー本体には抗ウイルス・抗菌加工が施されています。

今回試験導入されたのは、大阪駅・新大阪駅です。実証実験の結果によっては他の駅にも増やしていく可能性があります。テレワーク・リモートワーク、オンライン授業等の推進により、毎日同じ通勤・通学電車を利用したり、同じ駅で乗り継ぎをするスタイルが必ずしもスタンダードとは言えなくなりました。それでも大きなターミナル駅であれば、ビジネスに限らず利用者自体が多いですし、需要は大いにありそうです。


必要な時のみコインロッカーを利用する場合と比較してみましょう。まずコインロッカーはサイズにもよりますが1日あたり300円からが主流です。対して「ジブンロッカー」は30日間で5000円(税抜)ですので1日あたりに換算すると約183円程度となります。また、通常のコインロッカーであれば一度開けたらサービスは即終了となりますが、「ジブンロッカー」は契約期間内の日々の出し入れが自由なのが便利ですね。30日毎という契約単位も丁度良く、期間限定での利用など気軽に手を出しやすい要素になっています。

使用例

  • いつも持ち歩く必需品をストックしておく。(今時ならマスクや消毒用アルコール等の衛生用品補充等)

  • お稽古事や塾・学校で必要な道具やテキスト等を入れておく。

  • 仕事で必要なアイテムの受け渡し場所として使う。

  • 仕事やサークル活動で共有するアイテム保管場所として使う。

仕事で書類やアイテムの受け渡しに利用する場合、お互いが駅に立ち寄る時間が別々であっても簡単にそして確実に受け渡しできるというのは、かなりのメリットかもしれません。

「ジブンロッカー」に代わるものとしては、コインロッカーや一時預かりサービス、トランクルーム等がありますね。それぞれの特徴を挙げると、コインロッカーはその時々に必要なサイズが選べるというメリットがありますが、開閉は一度のみですので自由な出し入れはできません。最近はスマホで事前に利用予約が出来るものがあったりとサービスの幅は広がっていますね。次に駅や百貨店等商業施設にある一時預かりのサービスですが、こちらは百貨店でハウスカードがあると無料になったり優待がある場合も。人に預ける安心感があるかもしれません。営業時間内の引き取りが必須ですし、お買い物中等の短時間利用向きですね。最後にトランクルームです。月極料金を支払うものがほとんどで、「ジブンロッカー」には入りきらないような大きなサイズの物の保管や、普段使用しない物を保管するのには便利ですが、駅構内にあるケースはあまり聞きません。どちらかと言うと車で運んで行って出し入れするイメージですね。このように荷物を預けるだけでも色々なパターンがありますが、状況やニーズはそれぞれ異なるので、選択肢が増えるという事は消費者にとってありがたい事ですね。

「ジブンロッカー」はそのネーミング通り、自分に合った柔軟な使い方ができそうです。色々な活用法を模索してみたいですね。特に複数名で共有できる点がポイントになる気がしています。

こういった「駅」に纏わるサービスにはまだまだ可能性がありそうです。かゆいところに手が届くような、柔軟なサービスの更なる登場に期待したいと思います。そして今回の実証実験の行方もチェックしておこうと思います。それでは、また。

work and place, online showroom
  • 更新:2021/1/25

    旬食材のまなび塾 みやびこーる(miyabi・corps) 荒川雅子の写真

    旬食材のまなび塾 みやびこーる(miyabi・corps) 荒川雅子

    miyabi・corps(みやびこーる)主催荒川雅子/日本野菜ソムリエ協会」野菜ソムリエプロ・「日本四季大学」 四季薬膳認定講師。旬を感じる食生活を専門領域とし、座学&お料理教室、オンライン講座の開催…

  • 更新:2021/1/19

    フレンチ薬膳サロン芦屋 Limei(リメイ) Food&Arts 玉置里美の写真

    フレンチ薬膳サロン芦屋 Limei(リメイ) Food&Arts 玉置里美

    Limei Food&Arts主宰玉置里美  2013年より苦楽園自宅サロンにておもてなしお料理教室主宰。2016年より国際中医薬膳師 坂井美穂先生に師事。その後、フレンチ薬膳シーズンアドバイザーとし…

  • 更新:2021/1/14

    musubi+ (むすびぷらす)erikoの写真

    musubi+ (むすびぷらす)eriko

    水引・編み物サロンmusubi+(むすびぷらす)主宰小林恵里子/編み物・水引き作りレッスン、ECサイトでの商品販売。小さい頃から学んできた"編み物"の技術と知識を活かし、2018年よりECサイトにて…